2015/6/30 更新情報

名鉄運用表 Vol.26

  1. 平成27年6月20日に行われた一部運用変更に対応しました。
    2200系、1700-2300系と1000-1200系、1030-1230系の土休日のみ更新しました。
    しばらくの間はどれが更新されたのか分からなくなるため★印を付けておきます。
    なお運用の番号は再度振り直してありますので注意してください、
    運行記号との混同を避けるために運用番号ではなく整理番号という意味で番号を付けてあります。
    今後も随時更新していきます。


平成27年6月20日に行われた一部運用変更について

先日、6/20に特急車両の運用を中心に一部運用変更が行われました。
1850系は6/5より使用休止となってましたが7/13以降から1853Fを除き使用休止が
解除され営業運転に復帰しています。
現在で分かっている範囲で一覧表を掲載しました。
一覧表はPDF形式でこちらで公開しています。
今回の変更で1200の運用が2運用減り、2200/1700へ変更されています、
それに伴い1800の運用が2運用減り予備車と3R2に変更になりました。
須ケ口 1200+1800 → 2200/1700+3R2
河和 1200 → 2200/1700

主に新鵜沼~豊橋、名古屋~河和、内海の特急車両に変更がされています。
土休日はそれほど大きく変更はされていませんが
平日は特に3R2は変更前の運用で追従が難しいくらい変更されています。


運用検索データベース 機能追加 テスト版公開

運用検索データベース 機能追加

※2015/8/1 追記、更新しました。
並べ替え機能、検索指定条件、検索対象路線追加などを行いました。
テスト版を公開し動作確認を行った後で正式版として公開したいと考えています。
※2015/8/1 に正式版として公開しました。
データは2015年2月28日に行われた三河線のダイヤ一部変更に対応しました。
追加機能は以下の通りです。
  1. 並べ替え機能追加 →並べ替え機能の詳細はこちらにも書いてあります。
    発車時刻または到着時刻を使用して並び替えができるようになりました。
    並び替えの方法には6パターン用意してあり、駅名、進行方向、時刻の順で行います。
    駅名はふりがな順、路線別がありこれが始発駅、到着駅があるのでこれで4パターンになります。
    初期設定では並び替えを行わずそのままデータの順で表示するようになっています。
    並べ替えについてですがふりがな順は駅名のふりがなを使用して並べ替えを行います。
    路線別は路線ごとに決められた順番で並び替えを行います。並び替え順はこちらの表1の番号の順になっています。
    並べ替えの基準としては各路線の上り側から下り側に並ぶようになっていて、路線図であれば北から南へのイメージです。
    本線なら岐阜→豊橋の順、三河線なら猿投→豊田市の順になります。
    ただし、常滑線、空港線、河和線、知多新線は時刻表の表記だと上りと下りが逆になってしまいますので北から南の順になっています。
    路線は名鉄時刻表の目次欄に掲載されている順となり地下鉄鶴舞線内の駅は最後になります。
    同一駅での並べ替えは基本的に下り→上り順になっています。
    しかし、上りと下りが逆になってしまうケースがありますので実際は列車番号の1桁目が奇数の列車を下り、偶数の列車を上りとしています。
    残りの2パターンは複数分岐する駅で路線別で並べ替えを行います。
    例えば犬山駅の場合だと犬山線と広見線が区別無く時刻順で並べ替えられてしまいます。
    路線ごとで並べ替えするためにこの機能を追加しました。
  2. 検索指定条件の追加
    ・列車番号の項目でワイルドカード使用可能にしました。「*」と「?」が使用可能です。
    「*」で任意の文字列、「?」で任意の1文字です。
    <例>
    末尾にAが付くデータを抽出したい場合 → *Aと入力
    列車番号が2桁の列車の列車を抽出したい場合 → ??と入力・検索指定条件に特別車の項目を追加
    検索可能項目は全車特別車、一部特別車、全車一般車、特別車締切、該当なしの5項目です。
    検索で抽出されるデータでは全車一般車は「なし」、特別車締切は「締切」、該当なしは「-」と表記されています。
    該当なしを選ぶと種別がμsky、特急、快特以外で特別車締切以外の列車を抽出ができます。
    ・全項目で検索の項目を削除
    うまく検索ができない場合があったのでなくしました。・1ページあたりの表示件数を切り替える機能を追加。
    通常だと1ページに50件ずつ表示されますが表示件数を変えられるようにしました。
    設定可能なのは1~3000まででそれ以外の値を入力すると初期設定が適用されます。
  3. 検索対象路線の追加
    豊田線、小牧線、築港線、瀬戸線を除くすべての路線を検索対象としました。
    地下鉄鶴舞線の運用に関わる列車は上小田井を除く犬山線を発着する列車のみ掲載しています。
    豊田線と小牧線は専用の検索データベースがありますのでそちらで調べる事が可能です。
    尾西線、三河線、蒲郡線も検索対象に含めたのは今後の機能追加のための確認用です。
以上が詳細な内容となります。
意見、ご要望、不明な点があればコメント欄または管理人への連絡フォームからお願いします。


2015/4/18 更新情報

名鉄運用表 Vol.26

  1. 6R4 平日、土休日の一部訂正
    西ノ口停泊ではなく常滑停泊だったのを修正。
    平日、土休日ともに2182Fの折り返しが西ノ口ではなく常滑でした。
    翌日は平日→7:00発6761Gレ、土休日→6:25発6661Gとなります。
    だいぶ前から気にはなっていたのですがようやく確認できたので修正しました。
    対応が遅くなり申し訳ありません。


2015/4/6 更新情報

名鉄運用表 Vol.26

  1. 2014年8月末に行われた運用変更が2015/3/21より元に戻りましたので元に戻しました。平日→2000、2200、1800、3R4、6R2、ループ運用を更新
    土休日→2000、3R4、3R2、6R2を更新
    運用検索→平日のみ更新。土休日は回送列車のみ変更のため変更箇所なし
    ※変更箇所の詳細はこちらをご覧ください。
追記と誤記の修正とファイルの再出力を行っています。


2015/03/23 更新情報

名鉄運用表 Vol.26

  1. 平成27年2月28日に行われた知立駅付近の高架事業に伴う一部ダイヤ変更に対応
    主に時刻のみ修正、運用は報告を受けた変更分のみ反映。
<その他連絡事項>
去年の8月末から一部運用変更がありましたが。
3/22に茶所検車区の検査ピットを確認したところ両方扉が開いており使える状態になっていました。
少なくとも3/20までは片方は閉まっていました。
一部運用変更されていた箇所が元に戻っている可能性がありますので確認ができたら運用表は元に戻す予定です。


2014/12/07 更新情報

名鉄運用表 Vol.26

  1. 8月末に行われた運用変更箇所を反映。(運用が元に戻ったら戻します)
    平日→2000、2200、1800、3R4、6R2、ループ運用を更新
    土休日→2000、3R4、3R2、6R2を更新
    運用検索→平日のみ更新。土休日は回送列車のみ変更のため変更箇所なし。
その他細かいファイル構成を変えていますが今回の更新は以上です。




2013/09/16 更新情報

久しぶりの更新になります。

名鉄運用表 Vol.26

  1. 三河線 運用一覧表 平日・土休日を更新
    尾西線同様に運用欄を追加。猿投、知立、碧南、その他の順でAから順に振ってあります。組成が2+2の場合はト方が先になります。
    これは暫定的な対応となります。
  2. 運用表の一部様式変更
    今回の更新は3R4、6R4、2200のみです。残りは後日更新します。
    (主な変更内容)
    語句の統一と修正
    時刻の表記を0時以降の時刻を24:**の表記にした。列車番号の後の「レ」を削除。代わりに連結位置を「ト、キ、ナ、イ、ロ、ハ、ニ」で表記するようにした。
    なお2編成以上の組成でどちらにでも入る可能性がある場合は4+4の場合に「トキ」と表記。
    始発、行先は運転する区間に変更。
    (例1).
    中部国際空港発準急新可児行きで列車組成がト4+2キで犬山でキ方2両を解放する場合
    ト方4両は始発が中部国際空港、行先が新可児となり、キ方2両は始発が中部国際空港、行先が犬山となります。
    (例2)
    ダイヤ上で行先が複数になる場合は分割される駅を終着としその駅から始発の扱いとします。
    例えば中部国際空港発μsky新鵜沼・新可児行きの場合はト方が新可児行きとなりますが
    この場合はト方の始発を中部国際空港、行先を犬山として犬山から列車番号を変更して始発を犬山、行先を新可児とします。
    43列車の場合は中部国際空港~犬山が43列車、犬山~新可児が243列車となります。
    (例3)
    尾西線内(津島~玉ノ井間)は一宮の表記を(尾)一宮とします。
    編成又は組成が逆になる場合は備考欄に逆編成又は逆組成と記入してあります。
    なお尾西線(津島~玉ノ井間)はト方が玉ノ井方、キ方が津島方です。組成の欄にある記号を途中で増結する順番で△→□の順で変更するようにした。
    始発からの編成または組成は○で表記。

その他連絡事項

  1. Internet Explorerでのみ対応していた運用検索は今日で終了します。
    最新版だと少し動作がおかしいことありましたので公開を終了することにしました。
    まだ時期は未定ですが運用検索を高機能版にする予定です。